3色パステルアートインストラクターの宮城です。

突然ですが皆さん歯医者は好きですか?

私はというと…本当に苦手です(;O;)笑
ーーーーーー
image
↑こちらは可愛い2歳児のハートをゲットするために買ったはらぺこあおむしの仕掛け折り紙。

胴体むずかしすぎて断念しました(どうでもいい笑)
ーーーーーー

そんな私ですが、去年から歯医者にいくのがいやすぎて放置していた虫歯が悪化してしまい、あんなにきらいだった歯医者さんに3月から通っています。

その昔、通ってた歯医者ではパニックになるほどだったのに…

あまりに嫌いすぎて全国の歯医者を呪ってやると本気で思ってたのに…(黒歴史w)

信頼できるかたに紹介してもらった(家から電車で一時間の)ちょっと遠い歯医者さん。

*****************
何度も何度も通ううちに…

ついに…
硬くなだった私のハートが緩んでしまいました!(゚∀゚)

歯医者で居眠りをっ!!
居眠りをしてしまいました!!!笑
*****************

先生や助手の方にも毎回心から感謝してます。

(今までの歯医者さんでは「覚えてろよ!」と呪いながら会計してたのに…笑
全国の歯医者さんごめんなさい。)
image

↑おばけもパステルで描くとかわいい笑

歯医者さんから学ぶ苦手意識満載の相手をやる気にさせる方法

ここからが本題笑

3色パステルアート教室は絵が苦手、とか絵を描くことがきらいという人が9割。

特に企業や施設での出張イベントでは全員が全員「やりたい!」という方ばかりではありません。

(実際にパステルのワークショップで呼んでいただいた時に「水彩画描きたい!」と言われたことがあります…笑)

そんな時せっかく参加してくださる90分の時間を楽しい時間にしたいと思うわけです。

歯医者がもう本当に大の苦手で泣くほど怖がっていた治療を前向きな気持ちにさせた歯医者さんからワークショップの極意に気付かされました!

●とにかく不安な気持ちにさせない

以前通っていた歯医者さんは受付では忙しそうにして顔も見てもらえないことが多かったのです。

しかし!

今通っている歯医者さんの受付では笑顔で挨拶してくれます。

これだけでも私の不安は軽くなりました。

また、治療中もタオルで見えない分「次は歯を削りますね〜」「ちょっとチクっとするかもしれません」と伝えてくれるのが本当に安心するんです。

これってきっと絵が苦手な人も近い感覚があるんじゃないかなっと思います。

「この色混ぜたら汚くなっちゃうかな…」

「こんな描き方したら笑われるかな…」

そんな時に言葉にできない不安な気持ちをこちらが察して先に話しかけてみたり、手が止まっている理由を引き出して不安を解消させる。

また何より「何しても大丈夫ですよ〜」という安心安全な場という雰囲気を作り出すのが一番大切かなと思います。

そのために私が意識している2つのこと

1.観察すること

何においてもこれが一番大切だと感じています。

歯医者さんの例えで言うと…

歯医者さんの治療中、もちろん口をふさがれてるので私は喋れません。

(喋れてももごもご…何を言っているかわからない笑)

それでもドリルがウィーンとなれば恐怖で足がピンッとなります。

これから何が起こるか不安になると手を握って汗だくになります…笑

そんな一つ一つの変化を見逃さずにいいタイミングで声をかけてくれます。

ワークショップでいうとウォーミングアップの描きはじめの時、季節のテーマを描くときの一手目(初めて色をのせる時)に手が動かない方が結構います。

そんな時は「初めて色をのせるときなんだか緊張しますよね〜」などと雑談の中で緊張を緩めながら一緒に一手目の色をのせるようにしています。

2.手順を伝えるときにいろんなバリエーションを伝える

3色パステルアートは初めての人でも楽しんで描ける様に季節のテーマはインストラクターが手順を説明しながら絵を描いていきます。

それだけでも歯医者さんがしてくれたようにこれから何するかわからないという不安はかなり解消されます。

その時にさらにいろんなバリエーションを伝えることで表現の自由度がまし、より自分の表現したい世界が描けるようになります。

例えばこちら!

12108723_753860474720234_1881444606365047007_n見本として描いた2枚ですが同じレシピで描いた絵です。

絵が苦手な方は一つの見本があるとそれ通りに描こうとします。

ですがこの2枚のように月に顔があるのとないもの、お化けの数が少なかったり多かったり。

そんな風にいろんなバリエーションの見本があるとそれだけで「自分の好きなふうに描いていいんだな」と感じてもらえます。

実際に風景を描くときは空の色を青空風(青)にしたり、夕焼け風(赤)にしたりとわざと色を変えた見本を作っていきます。

「自分だけの絵」を表現するのもやはり方法がわからないと初めの一歩が踏み出せません。

時に苦手意識がある人はより踏み出しにくいものです。

それでもワークショップに参加して下さる気持ちを大事にしたいです。

ーーーーーーー

歯医者さんから学ぶワークショップ開催の極意!

私自身も意識していこうと思います。

まあ、大前提としてやはり自分が楽しむっ!

これが一番大事かしれないですね!

今日もまたがんばって歯医者さんに行ってきます…(๑•̀ㅂ•́)و✧笑